【新社会人必見】社会人になる前にする準備5選!

社会人 準備社会人

これから新社会人になる方が心配なこととしては「社会人になるまでにどんな準備をすればいいの?」ということがあると思います。

社会人になると”マナー”や”礼儀”の面から準備しなければならない事やモノが多く、学生の方にとって”社会人として必要なもの”というのは知ることは難しいと思います。

この記事ではそんな新社会人になる方のために「社会人のなる前の準備5選」をお伝えしていきます。

新社会人になるための準備一覧

この記事では「社会人になる前にどんな準備をすればいいのか」ということについて解説を行っています。

社会人になる前の準備としては以下の通りです。

・新社会人として必要なモノを買っておく
・清潔感のある髪型に整えておく
・基本的な敬語の使い方を勉強する
・生活習慣を正しておく
・業界知識や会社情報を学んでおく

これからそれぞれの準備について詳しく解説を行っていきます。入社前の準備をしている方はぜひ参考にしてみてください。

新社会人として必要な持ち物を買っておく

スーツや靴などの身だしなみ関連

以下は新社会人として”必須”の持ち物です。ほとんどは就職活動で使っていたものを引き続き使えるモノばかりですが、ワイシャツや靴下などは買い足す必要があるので注意しましょう。

基本的にこれらの身だしなみ関連のものは、予備を用意しておくと安心できます。

スーツやワイシャツなどは破れたり汚れたりしても替わりのモノを買いに行けないこともあるので、もしもの時を考えて1セットは予備を用意しておくことをおすすめします。

▼スーツやシャツなど社会人の身だしなみ関連

スーツ2~3着

”私服OK”という会社以外ではスーツの着用は必須です。就職活動で使っていたリクルートスーツを引き続き使用しても大丈夫ですが、予備も含めて2~3着用意しておくのがおすすめです。色は黒or青が無難でしょう。
入社前であればスーツ店が「スーツ2着で3万円」などのセット割引をしているため、このセール期間中に購入しておくのをおすすめします。

ワイシャツ3~5着新入社員では白or青のワイシャツが無難です。こちらは毎日変えなければならないので一週間分(5日分)程度を買っておくのをおすすめします。
ネクタイ3~5本出来るだけ派手ではない柄のネクタイを用意しておきます。ネクタイはスーツの色に合わせて変えることも多いので3~5本程度あるのが理想的です。
腕時計1つデザインが華美ではない腕時計を購入しましょう。あまり値段が高いものを付けると印象が良くないため、新入社員であれば1~3万円程度の腕時計が無難です。
ベルト

2~3セット

ベルトと靴は基本的に同じ色のセットで購入するのをおすすめします。黒いベルトには黒い靴、茶色のベルトには茶色の靴を合わせ、2~3セット用意しておくと良いでしょう。
靴下

5足以上

靴下は最低でも1週間分を用意しておきましょう。
カバン1つ黒or茶色のビジネスバッグを購入しておきましょう。靴と色を合わせると統一感が出ます。

 

仕事をするために必要なアイテム

以下は仕事をするために必要なアイテムです。

このうちのいくつかは”就職活動時代に用意しておいた”という方も多いと思います。

名刺入れ新入社員になると、研修で”名刺交換のやり方”などを教わる場合が多いので、入社前には名刺入れを用意しておくのがベストです。名刺入れは内側に”相手の名刺を入れる場所”と”自分の名刺を入れる場所”の2箇所があるものを選びましょう。
印鑑銀行印とシャチハタの業務印を持っておきましょう。銀行印は給与口座の登録に使用します。実務で使うシャチハタの業務印は会社から支給される場合も多いので、入社後に必要だと思ったら自分で購入しておきましょう。
メモ帳研修や電話対応などで使用します。メモを取りたい時にすぐ取り出せるように、スーツのポケットに入るメモ帳を選びましょう。
スケジュール帳スケジュール管理を行うために使用します。
文房具最低でも黒と赤のボールペンは用意してきましょう。
ペンケース色合いが華美なものでなければ問題はありません。黒や青などの色のペンケースを購入するといいでしょう。
折りたたみ傘雨が降った時に傘が無いとスーツが濡れてしまうので、天気予報が雨の時はカバンに入れておきましょう。
銀行口座給与振り込みに必要な銀行口座です。こちらは会社によって振込先の銀行が指定されていることも多いので、入社後に口座開設をするというケースも多いでしょう。

 

社会人生活に慣れるための準備

清潔感のある髪型に整えておく

入社前に社会人として恥ずかしくない髪型にカットしておきましょう。

就職活動の間は清潔感のある髪型にしていた方も多いでしょうが、入社までの間に髪が伸びていることもあります。入社式の前には改めて自身の髪型をチェックしておくことが大切です。

基本的な敬語の話し方を勉強しておく

会社の新入社員研修で敬語の使い方を学ぶケースが多いですが、それまでに敬語の基本的な使い方を勉強しておくのも良いでしょう。

社会人として必要な敬語の知識は多岐にわたり、入社後に色々な勉強をしなければならない新社会人にとって敬語の勉強はかなり負担になります。

あらかじめ敬語の勉強をしておけば改めて勉強する必要はなくなります。

規則正しい生活をする

現在の会社の就業時間は”8時~17時”や”8時半~17時半”というケースが多いです。もちろん遅刻や欠勤などは許されず、時間通りに行動する必要があります。

もし学生の方で夜型の生活になってしまっている方は、社会人になる前に規則正しい生活に直しておくと良いでしょう。

業界知識や会社情報を学んでおく

入社前に業界知識・会社情報などを学んでおくことで同じ時期に入社する同僚よりも一歩先を行くことが出来るでしょう。

最近は書籍やインターネットなど情報を集めることも手軽になってきたので、それらの手段を用いてあらかじめ業界の知識や会社情報を知っておくと良いかもしれません。

 

社会人では”準備”が何よりも大切になる

社会人として仕事を続けていると、”準備”ということがどれだけ大切なのかが分かってきます。

例えば商談に出向く際には「取引相手を説得するためのデータや根拠を用意しておく」ことが重要になるなど、良い結果を残すためには事前に準備をしなければなりません。

これから社会人になる方は、ぜひ社会人としての”準備の重要性”を知っていただけたら幸いです。

コメントを送る

タイトルとURLをコピーしました