【Windows10】パソコンのIPアドレスを確認・設定する方法

パソコン&スマホ

インターネット等で「IPアドレス」という言葉を聞いたことがある人は少なくないと思います。IPアドレスはネットワークを構築するうえで欠かせないものではありますが、普通にパソコンを使っているだけでは目にする機会は殆どないと思います。

今回はそんなIPアドレスについて、「IPアドレスの設定・確認方法」について解説を行っていきます。ご自身のパソコンやネットワークのIPアドレスを調べたい方はぜひ参考にしてください。

 

IPアドレスの種類について

インターネット等で「IPアドレス」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実はIPアドレスには「ローカルIPアドレス」と「グローバルIPアドレス」の2つの種類が存在しています。

ここではまず、IPアドレスの種類について解説を行っていきます。

 

・ローカルIPアドレス(プライベートIPアドレス)

ローカルIPアドレスは同一のLAN内で使われるIPアドレスのことを指し、通信を行う個々のパソコンやスマホ、タブレット等の機器に自由に割り振ることが出来ます。

ただ、同じLAN内で同じIPアドレスを持った機器を使用することは出来ません。例えば「192.168.0.1」というローカルIPアドレスを持ったパソコンが2台あった場合、片方はネットに繋がらなくなる等の症状が出てしまいます。

・グローバルIPアドレス(パブリックIPアドレス)

グローバルIPアドレスはインターネットで使われるIPアドレスのことを指し、通信を行うルーター等の機器に対して割り振られます。

こちらのIPアドレスはインターネット上の「住所」に該当するもので、現実の住所に重複する番地が無いように、グローバルIPアドレス同士も互いに重複することはありません。

 

なので実際にIPアドレスの割り振りの考え方としては、グローバルIPアドレスの中に幾つかのローカルIPアドレスがあると考えていただければ分かりやすいです。

例えば家庭でWi-Fiを使用している場合、Wi-FiというネットワークにグローバルIPアドレスが割り振られ、Wi-Fiに接続しているパソコンやスマホにそれぞれローカルIPアドレスが割り振られることになります。

 

パソコンのIPアドレスを確認する方法(ローカルIPアドレス)

では、ここからは実際にIPアドレスを調べる方法について解説を行っていきます。まずはパソコン本体に割り振られたローカルIPアドレスですが、調べ方は下記の2通りが存在しています。

 

・ローカルIPアドレスの調べ方
方法① ネットワークと共有センターからIPアドレスを調べる
方法② コマンドプロンプトでIPアドレスを調べる
 
では、それぞれのやり方について詳しく解説を行っていきます。

 

方法① ネットワークと共有センターからIPアドレスを調べる

まずは「ネットワークと共有センター」を使用してIPアドレスを調べる方法です。

こちらはコマンドプロンプトで「ipconfig」を使う調べ方に比べて手間はかかりますが、クリックのみで調べることが出来るためパソコンが苦手な方でも調べやすいと思います。

 

▼SETP.1 スタートボタンからコントロールパネルを起動する

ネットワークと共有センターを開くためには、まずWindowsの「コントロールパネル」を開きましょう。コントロールパネルはタスクバーの「スタート」ボタンからプログラムの一覧を開き、その中の「WIndows システムツール→コントロールパネル」から起動することが出来ます。

スタートタブの中にコントロールパネルが見つからない場合は、「Windowsキー+R」で出てくる”ファイル名を指定して実行”に「control」と打ち込むことでも起動できます。

 

▼STEP.2 ネットワークの状態とタスクの表示を選択する。

無事にコントロールパネルが開けたら、次は「ネットワークとインターネット」欄にある「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックしましょう。

 

▼STEP.3 画面右端にある「接続:」の右側をクリックする。

次にIPアドレスを確認したい接続の名前をクリックします。上記の画像では「Wi-fi」になっていますが、有線LANの場合では「ローカルエリア接続」や「イーサネット」という名前になっていることもあります。

 

▼STEP.4 ダイアログ画面から「詳細」をクリックし、出てきた「IPv4アドレス」がIPアドレスとなる。

上記画像の「IPv4アドレス」という所に表示されている数値がIPアドレスとなります。なお、IPアドレスが表示されている一つ上が「DHCP有効:はい」となっている場合、IPアドレスが自動取得(パソコン側で指定されてない)ということになります。

基本的にプライベートで使用しているパソコンにIP設定を掛けている人は殆ど居ないでしょうが、職場や学校ではパソコンに固定IPが設定されていることも多くあります。もしパソコンに固定IPが設定されている場合は「DHCP有効:いいえ」になっているはずです。

 

方法② コマンドプロンプトでIPアドレスを調べる

次にこちらはWindowsに標準搭載されている「コマンドプロンプト」という機能を使用してIPアドレスを調べる方法です。

こちらはコマンドの使用が必要になるため、一見すると難しそうに感じられるかもしれません。ただ、慣れると短時間でIPアドレスを調べることが出来るようになるので、おススメのIPアドレスの調べ方と言えます。

 

▼STEP.1 キーボードの「Windowsキー+R」を押す。

Windowsの「ファイル名を指定して実行」機能は「WIndowsキー+R」から開始できます。コマンドプロンプトの起動以外にもソフト名を入力して直接起動出来たりと、色々と役に立つ機能なので覚えておくと良いと思います。

 

▼SETP.2 「cmd」でコマンドプロンプトを起動する。

ここの「cmd」というのはコマンドプロンプトを起動するためのコマンドです。

 

▼STEP.2 コマンドプロンプトの画面に「ipconfig」と打ち込む。

真っ黒な画面が出たら、IPアドレスを調べるコマンド「ipconfig」を打ち込みましょう。

コマンドのタイピングを間違えてしまうと「〇〇は、内部コマンドまたは外部コマンド、操作可能なプログラムまたはバッチ ファイルとして認識されていません」という表示が出て正常に動作しません。

もしも入力した後に上記の文章が出た場合はスペルミス等の可能性が考えられますので、もう一度入力を行ってみると良いでしょう。

 

▼STEP.3 出てきた中の「IPv4アドレス」がパソコンのIPアドレスとなる。

上記の真っ黒な画面の中の「IPv4アドレス」という箇所がIPアドレスを表しています。コマンドプロンプトを使用するIPアドレスの調べ方は、パソコン初心者の人にとって「なんだか難しそう……」と苦手意識を感じることも多いと思います。

ただ、一度慣れてしまえばコマンドプロンプトを使用して調べる方が早く済むことが多いです。こちらの方法だとキーボード操作のみでIPアドレスを調べることが出来るため、スムーズにいけば5~10秒程度でIPアドレスを調べることが可能になるでしょう。

 

パソコンのIPアドレスを確認する方法(グローバルIPアドレス)

ネットワークのグローバルIPアドレスはこちらのサイトで確認することが出来ます。実際にリンクを開くと下記のような画面になるので、そこに表示されているのがグローバルIPアドレスです。

 

▼グローバルIPアドレスが確認できるホームページ。

 

IPアドレスを設定・変更する方法

▼SETP.1 スタートボタンからコントロールパネルを起動する

 

▼STEP.2コントロールパネルで「ネットワークとインターネット」を選択する。

 

▼STEP.3 続いて「ネットワークと共有センター」を選択する。

 

▼STEP.4 画面左端の「アダプターの設定の変更」を選択。

 

▼STEP.5 IPアドレスを変更したいネットワークを右クリック→プロパティを選択する。

なお、上記の画面では接続するネットワークの種類によって名前が変わります。無線LANの場合は「Wi-Fi」となり、有線LANの場合は「ローカルエリア接続」や「イーサネット」となっていることが多いです。

 

▼STEP.6 「インターネットプロトコルバージョン4」を選択して「プロパティ」をクリックする。

 

▼STEP.7 「次のIPアドレスを使う」にチェックを入れて、IPアドレスを指定する。

なお、ここで「IPアドレスを自動的に取得する」という設定にした場合、自動的にIPアドレスが割り振られる「DHCP」という設定になります。固定IPを設定していなければ、通常はこちらのDHCPになっているはずです。

コメントを送る

タイトルとURLをコピーしました