証券外務員5択問題対策【先物取引②】

証券外務員 勉強方法資格

こんにちは、バニラアイスです。

前回に引き続き、外務員試験の5択問題対策【先物取引②】編となります。

今回の解説は、④売建の際の委託手数料、⑤先物取引での収益性計算、⑥証拠金計算の3点となります。

これら全て計算問題で、苦手な人も多くいらっしゃると思います。

ただ、どれも外務員として活動するためには重要な知識ばかりです。特に委託手数料や証拠金計算は出来なければ実務で困るものなので、外務員には正しい知識の理解が求められています。

しっかりと勉強をして就職後の業務に役に立つようにしておきましょう!

 

売建の際の委託手数料

問題④ 委託代金の計算方法

ある顧客が長期国債先物を101円で額面総額10億円売り建て、その後100円で買い戻した場合の顧客の受払代金として正しいものの番号を選びなさい。
なお、顧客との契約によって、片道での手数料は25,000円と決定されたものとする。また、手数料については消費税8%が必要とされる。

 

1 9,280,000円
2 9,424,000円
3 9,546,000円
4 9,640,000円
5 9,946,000円

 

解説

正解:5

利益=(101円-100円)×10億円/100円=1,000万円
手数料=25,000円×2(往復分)×1.08(消費税)=54,000円
受払代金=1,000万円-54,000円=9,946,000円

 

*****考え方*****

先物取引の範囲で出題される問題ですが、基本的には株式業務や債券業務で勉強した受渡代金の計算と同じです。

顧客がお金を支払う(損が出た)のか受け取る(利益が出た)のかを判断して、支払う場合には委託手数料を足して、受け取る場合には委託手数料を引きましょう。

この顧客は1口100円の国債を額面総額10億円分購入しているので、1,000万口売買したことが分かります。

そして101円で売っているので、101円-100円で差額が1円となり、合計1,000万円の利益を証券会社から受け取ることになります。

あとは受取代金の1,000万円から証券会社への委託手数料54,000円(売り買い往復分、消費税込み)を差し引いて、9,946,000円を顧客は入手できるという訳です。

代金を支払う場合は支払金額に委託手数料を上乗せした料金を渡し、代金を受け取る場合は受取金額から委託手数料を差し引いた残りをもらうということですね。

顧客に損が出るケースの問題はあまり出題されませんが、もし出たときのことも考えてしっかりと理解しておきましょう。

先物取引での収益性計算

問題⑤ 長期国債における現物と先物の収益性計算

現在、A氏は長期国債現物を額面10億円保有している。現在の長期国債現物の価格は102.00円であり、長期国債先物の価格は132.00円である。
1か月後に長期国債現物は値上がりして104.00円、長期国債先物は130.00円となった。しかし2か月後には長期国債現物は106.80円、長期国債先物は142.20円となった。この場合で、A氏が最も利益を上げる投資方法を記述している選択肢として正しいものの番号を選びなさい。
なお、手数料と税金は考慮しないものとする。

 

1 直ちに保有する長期国債現物を全額売却した。
2 直ちに保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、2か月後に長期国債先物を全額買戻し、長期国債現物も全額売却した。
3 直ちに保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を買い、1か月後に長期国債先物を全額売り、長期国債現物も全額売却した。
4 1か月後に保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を買い、2か月後に長期国債先物を全額売り、長期国債現物も全額売却した。
5 1か月後に保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、2か月後に長期国債先物を全額買戻し、長期国債現物も全額売却した。

 

解説

正解:4

 

☆長期国債額面10億円分について☆

国債の購入金額は1口100円なので、額面10億円分は「10億円÷100円=1,000万口」ということになります。

 

☆それぞれの選択肢における利益額について☆

「利益=(売値-買値)×取引数量」なので、長期国債現物・長期国債先物の売値・買値をそれぞれ求めていきます。

選択肢の中には「長期国債現物の売却金額」「長期国債先物の売却金額」「長期国債先物の購入金額」の3点が記載されているので、それを見つければOKです。

下の表は長期国債現物と長期国債先物の金額の推移です。この金額を基に選択肢を解いていきましょう。

 現在1か月後2か月後
長期国債現物102.00円104.00円106.80円
長期国債先物132.00円130.00円142.20円

 

1 直ちに保有する長期国債現物を全額売却した。
長期国債現物=(102.00円-102.00円)×1,000万口=0円
長期国債先物:取引が無いので0円

2 直ちに保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、2か月後に長期国債先物を全額買戻し、長期国債現物も全額売却した。
長期国債現物の利益=(106.80円-102.00円)×1,000万口=+48,000,000円
長期国債先物の利益=(132.00円-142.20円)×1,000万口=▲102,000,000円
最終的な利益=48,000,000円-102,000,000円=▲54,000,000円

3 直ちに保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を買い、1か月後に長期国債先物を全額売り、長期国債現物も全額売却した。
長期国債現物の利益=(104.00円-102.00円)×1,000万口=+20,000,000円
長期国債先物の利益=(130.00円-132.00円)×1,000万口=▲20,000,000円
最終的な利益=20,000,000円-20,000,000円=0円

4 1か月後に保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を買い、2か月後に長期国債先物を全額売り、長期国債現物も全額売却した。
長期国債現物の利益=(106.80円-102.00円)×1,000万口=+48,000,000円
長期国債先物の利益=(142.20円-130.00円)×1,000万口=+122,000,000円
最終的な利益=48,000,000円+120,000,000円=168,000,000円

5 1か月後に保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を売り、2か月後に長期国債先物を全額買戻し、長期国債現物も全額売却した。
長期国債現物の利益=(106.80円-102.00円)×1,000万口=+48,000,000円
長期国債先物の利益=(130.00円-142.20円)×1,000万口=▲122,000,000円
最終的な利益=48,000,000円-122,000,000円=▲74,000,000円

 

*****考え方*****

この問題では、長期国債現物長期国債先物2つに分けて考えることが重要です。

一言で解説すると、それぞれを高いときに売って、安いときに買えばいいだけです。

 

長期国債現物

長期国債現物は現在保有しているので購入する必要はなく、あとは売ればいいだけです。

現在の売値は102.00円、1か月後は104.00円、2か月後は106.80円となります。なので2か月後に売却するのが最も儲かる方法となります。

利益=売値-買値なので、(106.80円-102.00円)×1,000万口=4,800万円です。

なお、長期国債現物の買値は現在の102.00円を用います。厳密に言えば102.00円は買値ではありませんが、今月に購入したものとみなして計算してください。

 

長期国債先物

長期国債先物は長期国債現物と違い、現在保有していないので購入する必要があります。

現在の売値は132.00円、1か月後は130.00円、2か月後は142.20円となります。なので選択肢4に出てくる一番安い1か月後に購入して、一番高い2か月後に売却するのが最も儲かる方法となります。

利益=売値-買値なので、(142.20円-130.00円)×1,000万口=12,200万円です。

 

なお、問題文で登場する「保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を買い」という文章は、長期国債先物を長期国債現物とまったく同じ量(額面総額10億円分、つまり1,000万口分)購入しましたよ、という意味となります。

「1か月後に保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を買い」という文章なら、1か月後の長期国債先物130.00円を、長期国債現物と同じ量(1,000万口分)購入したということです。

証拠金計算

問題⑥ 評価損が出た場合の追加証拠金の計算

長期国債先物を100円で額面10億円分買い建てた。この場合の証拠金所要額は3,000万円と計算され、その全額を代用有価証券で差し入れたとする。
その後長期国債先物の清算値段が99,50円に下落し、代用有価証券にも250万円の評価損が発生した。この場合の追加で差し入れなければならない証拠金の所要額として正しいものの番号を選びなさい。

 

1 500万円
2 750万円
3 1,000万円
4 1,250万円
5 1,500万円

解説

正解:2

長期国債先物の損益額=(100円-99.50円)×1,000万口=500万円
代用有価証券の評価損=250万円
残っている証拠金の額=3,000万円-500万円-250万円=2,250万円
証拠金不足額=2,250万円-3,000万円=▲750万円(うち500万円は現金で差し入れ)

 

*****考え方*****

先物取引では、信用取引と同じで取引の大きさに応じて証拠金が必要となるケースがあります。

問題のように投資家が取引を行った結果損を出してしまう可能性もあり、発生した損失は投資家があらかじめ預けた証拠金を減少させることによって補われます。

その場合では、減少した証拠金は投資家自ら補填をしなければ取引を継続することは出来ません。

この問題は「損失を証拠金から補填した場合、投資家がいくら証拠金を追加で出せばいいのか?」ということを問うものとなっています。

とはいえ、やっていることは信用取引の科目の委託証拠金の計算と似ています。

始めに取引している国債の損益(500万円)を計算し、証拠金として差し入れた代用有価証券の評価損(250万円)と合算します。

その2つを合計した額が損失(750万円)となり、この金額を3,000万円の証拠金から補填しなければなりません。

すると証拠金の額は2,250万円に減少します。

しかし、取引を開始するには3,000万円の証拠金が必要なので、750万円ほど不足してしまうことになります。

なので投資家は追加で750万円を差し入れる必要があるという訳です。

 

なお、この先物取引の追加証拠金については、有価証券で代用できる部分と、現金でしか追加できない部分があります。

具体的には、

取引する株式や国債の損益=追加証拠金は現金のみ
代用有価証券の評価損=追加証拠金に代用有価証券を使用可

となります。

つまり代用有価証券の評価損(250万円分)の部分だけ、有価証券での追加証拠金の差し入れが認められるということです。

「証拠金に追加できる現金の額は幾らか?」という問題もあるので、できるだけ覚えておくようにしましょう。

まとめ

今回もお疲れさまでした!

今回の問題では「長期国債現物」や「長期国債先物」など、紛らわしい言葉がたくさん出てきて戸惑ったかと思います。

私も勉強をしている時には現物と先物がこんがらがって頭を抱えた記憶があります(笑)

ただ何度もお伝えしているように、名前は厳めしいですが、実際に解いてみるとなんて事のない問題が多数です!

堅苦しい名前を見て苦手意識を持たずに、何度も練習問題を解くようにしましょう!

次回は一種外務員の鬼門とも噂されている、オプション取引について解説を行っていきます。

どうぞそちらもよろしくお願いします!

バニラ
バニラ
ふぅー、今回はちょっと難しかったね!
お疲れさま。次も難しいけど頑張って。
チョコ
チョコ

*****次回*****

 

 

コメントを送る

  1. 一種勉強中 より:

    初めまして。現在一種を勉強しており、こちらの記事を毎日参考にさせていただいています。
    難しい言葉が多く、解説も少ないため大変有り難いです。

    1点ご質問なのですが、問題⑤の3行目「1か月後に長期国債先物は値上がりして104.00円、長期国債先物は130.00円となった。」となっていますが、前者は長期国債現物でしょうか?

    合格目指して引き続き頑張ります!

    • vanilla-ice より:

      仰る通りです……!
      修正しておきました、ご報告ありがとうございます!

      記事が少しでもご参考になれば幸いです! 無事に合格報告が聞けることを願っています(;・∀・)

  2. さすらい より:

    現在、一種試験の勉強中の身であり参考資料として活用させていただいております。正解と考え方の解説も何度も読み返しております。
    愚問で大変恐縮ですが一点面倒なご質問があります。長文となり申し訳ございませんが、以下の通りです。
    「問題⑤長期国債における現物と先物の収益性計算について」の選択肢1〜5
    の計算過程の詳細を教えていただけませんか?特に選択肢4と5の文章理解力がなく、先物の損益の計算過程の売り−買いの部分(何故その価格があてはまるのか)がどうしても理解出来ません。うかる証券外務員必修問題集P354に問題⑤と酷似の問題で計算過程が載っておりますが、やはり同じ4と5の選択肢の先物の損益部分の計算過程がわかりません。同出版社のテキストも見返しておりますが、理解出来ず大変苦戦を強いられております。ご教授の程宜しくお願い致します。

    • vanilla-ice より:

      コメントありがとうございます! 選択肢の計算結果を記事本文に加筆しました!

      この問題は「選択肢の中からA氏が最も利益を上げる方法を探せ」という問題なので「A氏がいくらで買って、いくらで売ったのか」という計算を行えば正解が分かります!
      選択肢の中に「長期国債現物の売却金額」「長期国債先物の売却金額」「長期国債先物の購入金額」という3つの記載があるので、それを読み取ればOKです。

      また、選択肢4番と5番については文章がややこしく書かれているため、正解である4番を詳しく解説しておきます!

      4 1か月後に保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を買い、2か月後に長期国債先物を全額売り、長期国債現物も全額売却した
      長期国債先物の購入金額:「1か月後に保有する長期国債現物と同額の長期国債先物を買い」→「1か月後に、長期国債先物を単価『130.00円』で長期国債現物と同額分(1,000万口分)買い」
      長期国債先物の売却金額:「2か月後に長期国債先物を全額売り」→「単価『130.00円』で購入した長期国債先物を2か月後の単価『142.20円』で売却した」
      長期国債現物の売却金額:「長期国債現物も全額売却した」→「既に保有している単価『102.00円』の長期国債現物を2か月後の単価『106.80円』で売却した」

      なお、長期国債現物の購入金額は選択肢の中にはなく、現在の単価『102.00円』で固定です。
      あとは売却金額から購入金額を差し引いて「最終的にどれだけの儲けがあったのか」ということを計算すれば正解にたどり着けるはずです!

      もし解説を見ても分からないところがあれば、またお気軽にご相談ください!

      • さすらい より:

        vanilla-ice様
        この度は、早々に返信していただき誠にありがとうございました。ずっと理解出来なかったので、解けた喜びもひとしおです。あやふやだった計算過程や選択肢の文章解釈について懇切丁寧な解説をいただき重ねて御礼申し上げます。より試験勉強に拍車がかかります。私の住む北海道函館市は週3日しか開催しておらず5月は予約一杯で受験日が早くても6月です。合格した際はご報告させていただきます。また、不明点等出てたら気軽に相談させていただきます。今後も何卒宜しくお願い致します。

        • vanilla-ice より:

          さすらい様
          無事に問題が解けたようで幸いです!
          こちらも一人で解説を書いている以上伝わりにくい表現になってしまうこともあるため、もし分かりにくい箇所があればご指摘・ご相談いただけると助かります!

          コロナ等色々と厳しい時期ではありますが、外務員試験に無事に合格できることを願っております!
          吉報を楽しみにお待ちしています!

  3. さすらい より:

    この度は、無事合格出来ました。試験日の予約合戦に負けてなかなか受けられず先週ようやく終わりました。最後まで計算問題で苦戦を強いられました。4月にご質問させていただいた先物取引の収益性を求める問題が見事に出題され焦らず解答できました。吉報をお伝えすることができて良かったです。本当にありがとうございました。今後も忘れないように拝見させていただきます。これから暑い日が続きますが、ご自愛ください。

  4. さすらい より:

    vanilla-ice様
    この度は、無事合格することが出来ました。なかなか受験日が確保出来ずご報告が遅くなり申し訳ございません。以前問い合わせた、長期国債における現物と先物の収益性を求める問題が見事に出題され焦らず解答できました。この他、同分野から評価損が出た場合の追加証拠金の計算問題や長期国債先物でなくトピックス先物の理論価格を求める問題が出題されておりました。感想としては、10点問題は満遍なく出題されておりました。土壇場で計算式を度忘れした箇所もあり大変焦りました。やはり計画的な反復学習に尽きると痛感した次第です。今後も知識維持のため学習は継続するので、また不明点出た時は、ご相談させていただきます。最後に、コロナ禍で全国的に大変な状況下ではございますが、くれぐれもご自愛ください。本当にありがとうございました。

    • vanilla-ice より:

      さすらい様

      私事により返信が遅れましたこと、お詫びいたします。
      遅くなりましたが、合格おめでとうございます! 日々の努力が実を結びましたこと、自分のことのように嬉しく感じます。
      今後も不明点などございましたら、是非ともご相談いただきたく存じます。
      足元ではコロナウイルスの影響で経済、マーケット共に不安定な状況が続いておりますが、どうぞお体に気を付けて健やかにお過ごしくださいませ。

  5. さすらい より:

    vanilla-ice様

    二度も送信して大変申し訳ございませんでした。一度送信後、反映されてなかったため送信されなかったと思い再度送信した始末です。多忙な中、返信いただきありがとうございました。催促するような形になり大変失礼いたしました。

    • vanilla-ice より:

      さすらい様

      いえいえ、コメント承認と返信が遅れましてご心配をおかけいたしました!
      いつもコメントを頂きまして、非常にサイト運営の励みとなっております。これからも何卒宜しくお願い致します!

タイトルとURLをコピーしました