【YouTubeプレミアム】使ってみて感じた5つのメリット・デメリット

YouTubeプレミアムパソコン&スマホ

世間的に話題となっている”YouTubeプレミアム”。1,180円の月額料金を払うことによって、動画の広告を無くしたりバックグラウンド再生が可能になったりと、さまざまな特典を利用することが可能です。

今回はそんなYouTubeプレミアムについて、「実際に使って感じたメリット・デメリット」を紹介していきます。これから登録しようと考えている方の参考になれば幸いです。

YouTubeプレミアムとは

YouTubeプレミアムとは、簡単に言えば「広告除去などの特典が付いた有料会員制度」のことを指します。

現時点で1ヵ月1,180円でプレミアム会員に加入することが出来、初回1ヵ月は無料体験を行えます。

 

プレミアム会員の加入するメリットは5点存在しており、以下の通りになっています。

YouTubeプレミアムに加入するメリット

① 広告なしで動画が再生できる
② バックグラウンドで動画を再生できる
③ 動画を一時保存してオフライン再生が可能に
④ YouTubeミュージックプレミアムを無料で利用できる
⑤ YouTubeオリジナルを無料で利用できる

 
それぞれ1つだけを見ても、かなり大きいメリットと言えます。

YouTubeプレミアムのメリット

メリット① 広告なしで動画が再生できる

・うざったい広告から解放されてストレスフリーに

日常的にYouTubeを使っている方が思うこととして、「動画再生中の広告がうざい!」ということがあるでしょう。

長いものだと15秒間スキップできない広告などもあり、動画に挟まれる広告にイライラすることも少なくはありませんでした。

しかし、YouTubeプレミアムに加入すると、これらの広告を全て除去することが出来ます。

これまでとは違い、「動画を見るために広告を見る」なんて無駄なプロセスを取る必要もなくなるため、より快適にYouTubeを利用できることでしょう。

 

・再生前や再生中の広告全てがなくなる

YouTubeプレミアムでは、全ての種類の広告が除去されます。

再生前や再生中に挟まれる動画広告はもちろん、パソコンで見ている時に出てくるバナー広告(画面下に現れる横長の広告)なども無くなります。

また、YouTubeプレミアムの特典はアカウント別に管理されているので、アカウントさえあれば他のデバイスでも広告を除去できます。

YouTubeプレミアムに加入しているアカウントでログインするだけで広告は除去されるので、デバイスごとに加入料金を支払う必要もありません。

 

メリット② バックグラウンドで動画を再生できる

・他のアプリを開いている間も再生可能

日ごろ音楽アプリを使っている方なら重要性を実感するのが「バックグラウンド再生」でしょう。

他のアプリを開いている時やスマホのスリープ時も音楽を再生できるので、ネットサーフィンや移動中にも音楽を聴くことが出来るようになります。

このバックグラウンド再生はYouTubeプレミアムに加入していないと利用できません。

これまでYouTubeで音楽を聴くには「ずっとアプリを開いていること」が条件だったのですが、YouTubeプレミアムを利用することで常にアプリを開く必要性がなくなりました。

 

・「再生リスト」の利用で更に便利に

バックグラウンドで音楽を再生する場合、「再生リスト」機能を使うことで一層便利になります。

再生リストの中に入れている動画は自動で再生できるようになるので、お気に入りの曲だけを集めた自分だけのプレイリストを作ることも出来ます。

再生リストはいくつでも作成できるので、アーティスト別、ジャンル別などに分けて作ると良いでしょう。

また、再生リストを作る際に「非公開」で設定をすることで、自分が作成した再生リストを他のユーザーに見られないようにすることも可能です。

 

メリット③ 動画を一時保存してオフライン再生が可能に

・通信制限の予防にも効果アリ

動画をオフライン再生する一番のメリットが「通信制限を気にせず動画を見れる」という所でしょう。

YouTubeは暇つぶしには最適の機能ですが、動画を再生すると通信制限が掛かってしまうことがデメリットでした。

一説による2時間動画を見ると1GBもの通信が発生するとも言われており、頻繁に動画を見る方はすぐに通信制限が訪れてしまうことでしょう。

ただ、この機能を使ってあらかじめ動画を保存しておけば、WiFiが使えない時でも通信制限を気にすることなく動画を視聴することが出来ます。

例えば、朝自宅を出る前に動画をダウンロードしておくことで、学校や会社の通勤時間などに動画のオフライン再生が可能になるでしょう。

 

・本体の空き容量が無いと使えないので注意!

オフライン再生は、使用しているデバイスの空き容量にデータを保存するシステムのため、データを保存したいスマートフォンやパソコンなどに十分な空き容量が無い場合はダウンロードすることが出来ません。

具体的には、デバイスの空き容量が5%未満の場合だとダウンロードが出来ません。例えば64GBのスマートフォンを使っている場合は3.2GB以上の空き容量が無ければダウンロードを行うことは不可能です。

その場合は使っていないアプリやキャッシュを消去してデータ容量を確保するようにしましょう。

 

メリット④ YouTubeミュージックプレミアムを無料で利用できる

・何百万本もの音楽が無料で聴ける

YouTubeミュージックプレミアムを利用することで、何百万本もの音楽を無料で視聴することが出来ます。

通常この機能を利用しようと思えば月額980円の定額料金が発生しますが、YouTubeプレミアム加入者はミュージックプレミアムを無料で利用できます。

YouTubeプレミアムの加入料金が1,180円、YouTubeミュージックプレミアムの加入料金が980円なので、YouTubeプレミアムに加入している人は980円もお得にサービスを受けることが出来ます。

 

・邦楽から洋楽まで、幅広い種類の楽曲が揃っている

YouTubeミュージックプレミアムの強みの1つが、「邦楽も充実している」という所です。

YouTubeはアメリカの会社なので「洋楽ばっかりで邦楽は少ないんじゃない?」と思っていましたが、邦楽の量も十分と言えるくらいには存在しています。

基本的にYouTubeで公式アカウントがあるアーティストなら、ミュージックプレミアムでも聴くことが出来ます。

 

例えば米津玄師や菅田将暉、椎名林檎、オフィシャル髭男dism、ONE OK ROCK、BUMP OF CHICKENなどはYouTubeミュージックプレミアムにも音楽が登録されています。

邦楽が非常に少ないAm〇zonミュージックと違い、J-POPが十分に聴けるというのはありがたいですね。

上記に挙げたアーティスト以外の曲があるのか気になる場合は、YouTubeミュージックのアプリやサイトで検索してみると良いでしょう。無料版でも音楽は聴ける(広告が付いたりバックグラウンド再生ができない制限はありますが)ので、お試し感覚で登録前にチェックしてみるといいと思います。

 

メリット⑤ YouTubeオリジナルを無料で利用できる

・YouTube公式が制作したドラマ・映画を見ることが出来る

YouTubeオリジナルとは、簡単に言えば「YouTubeクリエイターが作成したオリジナルのドラマ・映画を視聴できるサービス」のことを指します。

作品は無料で視聴できる期間が決まっており、公開期間を過ぎた作品はYouTubeプレミアムの加入者しか見ることは出来ません。

なので公開時期に見逃してしまった人やお気に入りのドラマを見返したい人は、YouTubeプレミアムに加入する必要があります。

なお、YouTubeオリジナルの作品には「Premium」という赤いバッジが付けられています。1話だけは無料視聴できますが、2話目以降はプレミアムの加入しないと見ることが出来ないので注意です。

 

・はじめしゃちょー、フィッシャーズのドラマも無料で見れる

YouTubeのトップクリエイターである「はじめしゃちょー」「フィッシャーズ」がドラマの制作を開始したことで一時期話題になりました。

「The Fake Show」「フィッシャーズと失われし碧き秘宝」というタイトルでドラマを作成しており、共にYouTubeに関連したテーマでドラマが作られています。

既に視聴期限の切れたものもあるので、1話は無料視聴が可能ですが2話目以降はYouTubeプレミアムに加入していないと見ることは出来ません。

 

引用:YouTube

YouTubeプレミアムのデメリット

デメリット① 月額料金が高額

YouTubeプレミアムの月額料金は1,180円です。半年間加入し続けると7,080円、1年では14,160円もの出費になります。

高いと思うかは人それぞれだと思いますが、他の動画サービスと比較した場合は割高に感じられるでしょう。

映画が見放題で音楽も聴けるAmazonプライムは月額500円ということを考えれば、YouTubeプレミアムに2倍以上支払う価値はあるのか疑問です。

あくまでYouTubeプライムのメイン機能は”広告の削除”と言ってもよく、広告を我慢できるなら無料版でも良いわけですからね。

バックグラウンド再生も、スマホの無料音楽アプリで使える場合も多いので、そこまで重視されているとも言えないですし。

 

デメリット② 支払いの更新に手間がかかる

YouTubeプレミアムの支払い方法は3種類あり、クレジットカードかデビットカード(前もってチャージするタイプ)かプリペイドカード(使い捨ての買い切りタイプ)のどれかから選ぶことが出来ます。

YouTubeプレミアムは月額更新の制度なので利用期間が過ぎたら更新手続きを行わなければいけないのですが、自動的に口座引き落としがされるクレジットカード以外は更新が少し面倒です。

デビットカードの場合は前もって残高にチャージをしなければなりませんし、プリペイドカードであれば1ヵ月毎にコンビニ等に行ってカードを購入する必要があります。

特にYouTubeプレミアムの場合は月額料金が1,180円と高めなので、気を付けていなければ残高が不足してしまうこともあるでしょう。

 

デメリット③ 支払い方法を登録しないと無料体験が出来ない

「使ってみたいけど、もし自分に合わなかったら嫌だな……」という方のために、YouTubeプレミアムには1ヵ月の無料体験期間が存在しています。

「無料で体験できるなら、1ヵ月だけ登録して止めればいいんじゃない?」と思うかもしれませんが、それほど優しいサービスではありません。

なぜなら、支払い方法を登録しなければ無料体験を受けることが出来ないからです。

 

つまり、クレジットカードやデビットカードなど、継続して支払うことが確認できる証明をしなければ無料体験を使えないということです。

「ちょっと気になるから使ってみたいな」と思ったとしても、その場で無料体験を受けることが出来ないのは微妙ですね。

 

なお、無料体験期間が過ぎると自動的に本会員に登録されるので注意が必要です。

もし無料期間を過ぎても放置していた場合、毎月1,000円強が自動的に引き落とされていきます。継続したくない場合は無料期間中に退会登録をしておくことをおすすめします。

YouTubeプレミアムの登録方法

以下のサイトに行って「使ってみる」を選択し、支払い方法を記入するだけです。

YouTube公式サイト:https://www.youtube.com/premium

 

 

公式サイトに行くと「使ってみる」というボタンが表示されるので、そこをクリックします。

そうすると支払い方法の登録が始まるので、好きな方法で登録を行えばOKです。

先述した通り1ヵ月の無料体験期間があるので、加入した日から1か月間だけは無料でYouTubeプレミアムの機能を体験できます。

もし継続更新を希望しない場合は、無料期間のうちに解約を行っておくことをおすすめします。

 

結論:YouTubeプレミアムはどうなのか?

正直に言うと、「期待していたほどではない」というのが感想です。

僕は別にAmazonプライムに加入していますが、そちらに加えるとサービスが良いとはお世辞にも言えません。

YouTubeプレミアムに入っても、当然映画が見放題になったりするわけではなく、動画内に流れる広告の除去がメインという感じでした。

ただ、広告さえ我慢すれば動画自体は無料版でも見れますし、わざわざ月額を支払ってまで広告を除去したいとは思えません。

もう少し月額サービスだけのコンテンツ(YouTubeオリジナルのドラマや映画)等が充実すれば話は変わると思いますが……。

 

結論としては、無料期間だけ体験したい人や、頻繁にYouTubeを利用する人とかは加入しても良いとは思います。

動画内の広告がなくなるのは便利ですし、バックグラウンド再生やオフライン再生もあれば便利です。

無料体験も出来るので、物は試しにやってみるのも良いかなと感じています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました