【Windows10】録画ソフトなしでパソコンの画面録画をする方法

パソコン 画面録画パソコン&スマホ

あなたはパソコンの画面を録画したいとき、どのようにしていますか?

有料の録画ソフトを使う人もいれば、無料で使うことができるフリーソフトでパソコンの画面を録画している人もいるでしょう。

ただ、知らない方も多いですがWindows10には標準機能でパソコンの画面を録画する方法もあります。

この記事では録画ソフトなしでパソコンの画面録画する方法を書いていくので、良ければ参考にしてみてください。

パソコンの画面を録画する時は標準機能の「ゲームバー」を使用しよう

Windowsユーザーでも知っている方はあまりいませんが、実はWindowsの標準機能でパソコンの画面を録画する方法があります。

その機能の名前は「ゲームバー」と名前で、Windows10のOSを使っている方なら最初からインストールされている機能です。もともとはパソコンで遊んでいるゲームの画面を録画するために搭載されている機能ですが、通常のパソコンの画面も録画することが可能です。

最初からパソコンの中に内蔵されている機能なので、煩わしいインストールや初期設定などは必要ありません。初めて使う際でもすぐに利用することができるので、パソコンが苦手な方でも簡単に使うことが可能です。

ゲームバーでパソコンの画面を録画する方法

それでは、これからWindows10でゲームバーを起動する方法について解説を行います。

ゲームバーはWindowsキーを押しながらGキーを押すことで起動することができます。パソコンの画面を録画する際は、まずはゲームバーを起動しましょう。

 

①WindowsキーとGキーを同時押しでゲームバーを起動する。

WindowsキーとG(Game)キーを同時に長押しすることでゲームバーを起動することができます。ゲームバーには画面録画以外にも、音量調節やCPUの使用状況等の機能も備えています。

 

②左上のキャプチャ部分にある録画メークをクリックする

録画マークをクリックすることで録画が開始されます。ちなみに個人情報の保護の観点から、デスクトップなど一部の画面は録画ができないように設定されています。基本的に画面録画等の機能は左上のキャプチャ部分に固まっているので、パソコンに詳しくない方でも分かりやすいと思います。

 

③録画の開始&停止

録画開始ボタンを押した後、録画を停止したい場合は右上の停止ボタンを押しましょう。ちなみに録画中はゲームバーを起動したときに出てきた黒い部分は映らないので安心してください。また、詳しくは後述しますが録画開始以降にデスクトップに画面を切り替えると録画が強制終了するので注意しましょう。

 

④「全キャプチャを表示」から録画した動画をチェックする。

録画した動画を確認したい場合は、録画ボタンの下側に表示されている「全キャプチャを表示」からチェックすることができます。また、画面右下の「ファイルの場所を開く」をクリックすれば、エクスプローラー内のどこのファイルに動画が保存されているのかも見れます。

動画はMP4形式で保存されており、動画タイトルは録画していたウィンドウの名前と録画日時が表示されます。例えば僕の場合は自サイト「VANILLA-ICE」を「Google Chrome」で「2020年9月13日」に録画したので、それを並べたタイトルになっています。

タイトルの編集は上記のゲームバーでも出来ますし、エクスプローラーから帰ることも可能です。タイトルを変えたい場合は好きな方法で変えると良いでしょう。

 

録画が上手くできない時の原因について

サイト 色 フォント

ゲームバーはインストールや初期設定なしで簡単に利用することができますが、その反面有料ソフト等に比べて使いにくいところもあります。

特に上記の方法でも録画が上手く出来ない場合がたまにあり、その時は以下のような原因があると考えられるでしょう。

・録画できない部分で起動している。
・パソコンのスペックが足りていない。
・録画中に別ウィンドウを開いた。

これからそれぞれの原因について詳しく解説を行うので、もし録画が上手く出来ない場合は参考にしてみると良いでしょう。

 

①録画できない部分で起動している

今回紹介したゲームバーはWindows10の標準機能なので、規制面では他の録画ソフトに比べてかなり厳しいです。特に録画ソフトはパソコンの画面を映すということもあり、セキュリティ対策として一部の個人情報が映る可能性がある画面等はそもそも録画ができないようになっています。

具体的には、デスクトップや一部著作権関連で録画が制限されているゲームソフトはゲームバーで録画することが不可能です。

残念ですが、そもそも録画不可能な画面はどのような方法を使っても録画することは出来ません。録画ができない場合は録画マークが灰色に変わって押せなくなっています。デスクトップ等の録画が禁止されている画面でゲームバーを使っていないか確認してみましょう。

 

②録画中に別ウィンドウを開いている

先述した「録画できない部分で起動している」と被りますが、録画中に別ウィンドウを開くと録画が強制終了してしまうことがあります。

この場合、録画中にデスクトップ等の映せない画面を開いたことが原因です。ゲームバーによる録画では一部録画できないソフトやアプリがあるので、録画中には出来るだけ他のウィンドウを開かない方が良いでしょう。

他の録画ソフトでは殆どのモノがデスクトップを映すことができるので、録画ソフトの扱いに慣れている方も引っかかりやすい部分かもしれません。

 

③パソコンのスペックが足りていない

パソコンの画面録画だけならそこまでパソコンのスペックは必要ありませんが、例えば画面を録画しながらゲームをするなどマルチタスクをこなす場合はパソコンのメモリをかなり圧迫します。

パソコンのスペックが足りていない状態で録画を開始すると、録画ソフトが強制終了してしまったり、パソコン自体がフリーズしてしまったりと正常に録画ができないことがあります。

ゲームバーにはメモリの使用量を表示する機能も付いているので、録画をしている時にどれだけメモリが圧迫されているかを一度確認してみると良いでしょう。体感的にはメモリの使用量が80%を超えていると、録画が正常に出来ない時があるように感じます。

メモリ不足を感じている場合、バックグラウンドで起動しているアプリを終了したり、それでも解決しない場合は根本的にメモリ自体を増設しなければなりません。

 

まとめ:パソコンには標準の録画ソフトがある

普段からパソコンを使っている方にもあまり知られていませんが、実はWindowsには標準機能として画面録画できる「ゲームバー」というソフトが入っています。

ゲームバーはWindowsキーとGキーを同時押しすることで起動することが可能で、面倒なインストールや初期設定等の手間も要らず、無料で利用することができます。

お金を掛けずにパソコンで画面録画の機能を使いたい方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました